任意整理はローンが借りられなくなる行為だ

任意整理してから5年はローンを組むことを我慢しないと駄目

あまり任意整理というのを周りの人がしたことがなければ、それってどういうこと?ということになると思います。任意整理という言葉を知らない人も多いと思いますが、これはローンや借金などを整理して返済するという方法なんです。一般的にローンや借金というのは借りたら返済条件というのが決められると思うんですが、その返済条件に沿って返済が行われると思うんですが、その返済条件では厳しいとなった時に任意整理というのが行われるのです。つまり「どういう条件なら返済できるから、こういう条件に変更してもらえないか」という話し合いをすることを任意整理というのです。

最初に決められた条件から変更するわけですから、業者側からしたら非常に不利益を被りますし、業者側として「そんなことをする人は信用出来ない」というふうになるでしょう。しかし返済できないという人ですから、ヘタをしたら破産する可能性もあります。そうなったら借金は元金も含めて全て返ってこない可能性があります。それは業者としても問題だと思うので、ローン会社としてもそれを受け入れる方がいいと判断するのです。本来であれば決められたとおりに返済しなければならないのですが、こういった条件変更が貸金業には認められているのです。

ただしこれを聞いて「いいじゃないか、じゃあ任意整理をすぐに使って返済を引き伸ばしてやる」と考えていたら、それは甘い考えだと言えるでしょう。なぜなら任意整理をしたらそれから何年もの間借入をすることができなくなるからです。これは当たり前のことで、借入の時に決めていたローン契約を守ることができなくなったのですから、新しくローン契約をした場合に守ってもらえない可能性が高くなります。そういう人にお金を簡単に貸す業者がいるだろうか?と考えると、それはいないというのがわかると思います。つまり任意整理をすると最低でも5年程度はお金を借りたりするのを我慢しないといけないということです。もちろんクレジットカードのようなものも使えなくなってしまうので要注意です。任意整理というのは便利なように見えてちゃんとペナルティが用意されているものなのです。